2014年3月27日木曜日

本日も設置へ!!

週末に開花予想された関東地方ですが
今日はあいにくの雨

駅前へのお届けなので、珍しく電車で移動。最寄のレイクタウン駅迄
20kg弱の製品を持ってモールを歩いたのですが、流石日本最大級のモール
何時もよりも駅までの道程が遠い!!

到着までにヘタらないようにして
ビシッとセッティングを決めて来ます。

雨でも、快適なオンラインショップは下のリンクからどうぞ

http://online.nojima.co.jp/front/sp/contents/shop/2/info/

越谷店 K

2014年3月22日土曜日

本日は3件の配送予定です。

荷台一杯に詰まったこれらの機材が納品となります。



3連休中日ですが、即納可能な在庫や新着中古もアップ予定ですので
オンラインショップもよろしくお願いします。

http://online.nojima.co.jp/front/contents/shop/2/info/

2014年3月21日金曜日

貴重な在庫が入荷しました。

生産完了となり貴重な最終ロットも注文で埋まってしまっている
LUXMAN PD-171 ですが当店のキャンセル分が1台出ました。

定価 415,750-(5%税込)
販売価格などは下記リンク上部にある越谷店までお問い合わせください。

http://online.nojima.co.jp/front/contents/shop/2/info/


2014年3月19日水曜日

シアタールーム入替

シアタールームのプロジェクターを入替






今回は、JVCケンウッドの DLA-X500R を導入しました。
黒の表現に定評のあるもでる、早速位置の調整をし
ナチュラルモード、素の状態デモを見てみると

先ずは、 Torn Legacy 
命懸けのフリスビーのシーンから、黒っぽい衣装に埋め込まれた?
光源の模様や全体が夜のような環境とそこに浮かぶ照明なども
ハッキリと滲むことなく映し出すあたり、以前のモデルもそうでしたが
安定感があるのは、このメーカーの強みですね。

次に、色味を中心にみるのに

プラダを着た悪魔、The Fall 落下の王国

先ずはプラダから、オープニングシーンの仕事という戦場へ向かうまえの
一時の静けさとセクシーな映像、そこに合わせられた曲が好きなのですが
今回は、チャプター19の途中、家の中でのシーンから一転、外での撮影現場へ
いい意味で色味が落ち着いていて、画面全体がとっちらかることなく
馴染んでいるので安心して見ていられます。

次に、石岡瑛子さんデザインされた衣装が印象的な The Fall 落下の王国
こちらからはチャプター11建物内での式のシーンとそれに続く
処刑場の場面まで、壁面に反射する炎の色が程よい赤みで壁を照らしているので
プラダで感じたもう少し赤みを強くしてもよいと感じたのですが
都度都度、色味を変更しなくてはならなくなるので、
ズボラな自分としてはこのバランスのままで行きたいと思います。
砂漠の強い光で、白くとんでしまいがちな場面でも
きっちりと細部を描き分けているのには、だだ黒だけ深くし
コンストラストを稼いだモデルには出来ない部分なのでとても優秀なモデルと感じます。

操作面や設置性では少し大型の個体なので棚に設置する場合は、接地面の確保とともに
エアフローの確保として前後のスペースに余裕を持たせたほうが良いでしょう。
操作面では今のところこれと言った不満点は見えていないので、恐らく
何も問題はないかと。

そして、今まで使っていた三菱プロジェクターは展示品を特価にて
販売いたします。ランプ点灯時間もデモモデルとしては短い510時間となっています。

下記、三菱DLPプロジェクター展示品、販売ページへのリンクです。
http://online.nojima.co.jp/front/commodity/2/LVPHC8000Dtenji/

越谷店 K



2014年3月7日金曜日

803SD 試聴機入荷!!

今週末、Bowers &Wilkins 803SD 試聴可能となっています。
週明けの火曜日お昼頃から出荷手配をしますので
火曜日の午前中までの短期ですが、気になっている方は
越谷店まで!!

越谷店 K

今ならSTAXのフラッグシップ「SR-009」が試聴出来ます!


皆さんこんにちは、AUDIO SQUARE 越谷店の福田です。

今日は、STAXのフラッグシップモデル「SR-009」をメーカー様のご好意によりお借りしておりますのでお知らせ致します。(約1ヶ月)

その高解像度でしなやかな音は素晴らしいの一言です、この音を是非ご自身の耳でお確かめ下さい。またSR-007との比較試聴も出来ます。それでは皆様のご来店をお待ちしております!






2014年3月6日木曜日

お待ちかね 805 マセラティ・エディション

フロントバッフルとトップの一部を
ポルトローナ・フラウ製のレザーで覆い
突き板はバーズアイの天然木で仕上げられた
今回のコラボレーションモデル
ともかく、先ずは気になる希望小売価格から

  ¥1,500,000- (税別)ペア・専用スタンド付き

そして世界限定 500台 そのうち日本へ割当は 100台が予定されています。


木目にもこだわりが有りそれは納品される状態から。
通常の梱包であればスピーカーがそれぞれ1本ずつ、
スタンドはペアで1梱包にされて来るのが多いのですが
木目が綺麗にマッチングするようにと、スピーカーとスタンドが
1梱包となっているようですが、スピーカーとスタンドは中で別々に梱包されていてる模様

また、付属のスタンドは半月状の支柱が2本、中は空洞になっているので
ジルコンサンドや砂などを充填しチューニングバランスをとって頂くとより良くなるでしょう
この辺りの量はお好みとなってくるのですが、先ずは三分の一程度から
様子を見ながら調整していくのが良いかと思います。
試聴印象からすると、詰め過ぎないで、少し遊びを残した方が
このモデルらしく鳴ってくれるのではないかと推測します。

インテリアとの共存で余計なケーブルは見せたくないという方には
スタンド底面から支柱の中を通すこともできるようになっています。


              ※スタンド背面より撮影

支柱を通ったケーブルは天板の下側から背面へ向けて出てきますので最小限の露出で
ワイヤリングが可能です。
(但し、支柱の中を通すので極端に硬いケーブルや、太いケーブルは避けて下さい)

おまけ
グリルはフロント全面を覆うのでは無く
ユニット部分のみをマグネットキャッチにて留めるタイプです。





マセラティエディション

先ずは、手の届き易いヘッドホンP5
全体をマセラティ・ブルーに装い直し
ヘッドバンドとトラベルポーチに控え目に付けられたトライデントのエンブレムが
レギュラーモデルとの違い。と言ってしまえばそれまでなのですが
レギュラーモデルよりも色気を纏いたい方にはこちらが断然お勧め



イメージしやすい色で言うとブルーブラックをもう少しブルーに寄せた感じなのですが
通常のブラックよりもシックに決まっています。
恐らく、太陽光の元ではもう少し深い青が出てくると思います。




これから初夏までの間、もしくは秋口に女性にお使い頂けると
それぞれが、より引き立つのではないでしょうか?

細かなところですが、同梱されているケーブルも同系色になっています。
この辺りも抜け目なく揃えているのは流石!!


そして奥に映っている805 マセラティ・エディション
これについては次回のブログにて

新製品 幾つかあるので小出しに

先ずは、突然の生産完了のアナウウンスが入ってその後継が注目されていた
Bowers & Wilkins 600 シリーズ
本国では少し前に画像が出ていたりしましたが
国内にも詳細と実機が入ってきました。
技術的な部分では追い越した部分も多く期待のニューモデルです。
少ない時間での試聴でしたが、現代的でレスポンスも良く、間違えなく優等生。

ブックシェルフタイプもバスレフポートがフロントに変更され今までよりも
棚や壁掛けした際のバランスが改善されています。

早ければデリバリー開始と共に、展示機が入荷の予定です。

下記URL メーカー製品HP
 http://www.bowers-wilkins.jp/Speakers/Home_Audio/600_Series/products.html

2014年3月4日火曜日

仕事前のエネルギーチャージ

皆様はコーヒーブレイクをする際に
いわゆるレギュラーコーヒーにします?エスプレッソにします?

個人的な棲み分けですが、ゆっくりと一息入れる場合はレギュラーコーヒー
時間が無いけれども一息入れたい場合にはエスプレッソといった具合で分けています。

そしてもう一つ違いとして、レギュラーコーヒーは基本ブラック、
エスプレッソは、たっぷりとブラウンシュガーを入れ
頭に必要な糖分も一緒にチャージ!!

さて、それではそろそろお仕事へ取り掛かりますか