2017年7月23日日曜日

【イベント告知】TAOC商品徹底試聴!!



いつも閲覧いただきましてありがとうございます。
オーディオスクェア越谷店の馬場です。

今日はイベントの告知です。
ハードだけでなく、それを支えるアクセサリーたち。
今回はそれらにスポットを当てたイベントを開催致します。
その名も・・・

TAOCオーディオアクセサリー
アクセサリーで音質が変わる!
TAOC商品徹底試聴!!

今回はスピーカースタンドによる音質変化をメインにご案内します。
スピーカーは人気のB&W:805D3を使用し
TAOCスタンドとの組み合わせでスピーカー本来の力を引き出します。
ぜひこの機会に音質の違いをご体感ください。
当日はTAOC説明員による技術解説もございます。

日時:2017年8月5日(土)14:00~15:00
場所:ノジマオーディオスクェア越谷店 試聴室

【使用機材】
SACDプレーヤー:marantz SA-10


プリメインアンプ:marantz PM-10


スピーカー:B&W 805D3、PIEGA Classic 3.0


ラック:CSR-3S-L、MSR-3S-DG


インシュレーター:TITE-25AD、25HC、25GS、35S、33S


スタンド:WST-60HD3、EST-60HL


オーディオボード:SUB-HC50C、HC50W

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。


オーディオスクエア越谷店 馬場
お問い合わせはこちらからどうぞ
TEL : 048-990-1328
MAIL : audio-square104@nojima.co.jp
Twitter : @audio_square104

2017年7月22日土曜日

本日開催!Hi-Resの真意に迫る 至高のHi-Res体験



本日14時より開催致します。
’’Hi-Resの真意に迫る 至高のHi-Res体験’’

セッティングも終わり、皆様をお待ちするだけとなりました。
たくさんのお客様のご来場をお待ちしております。


2017年7月21日金曜日

【イベント再告知】7/22 Hi-Resの真意に迫る 至高のHi-Res体験

『至高のハイレゾ体験』

ハイレゾの音をまだ真剣に聴いた事が無い、雑誌の記事を読んで気になっている。
そんなあなたにお届けします。

ハイレゾ再生の最前線で活躍する中谷氏(AUDIOSTATION)をお招きして、DAC再生、ネットワーク再生、ハイレゾの歴史に触れる、CDリッピング、レコードリッピングなど盛り沢山の内容でお届けします。

ハイレゾ対応機器の人気どころをご用意させて頂きます。


※B.M.C. DAC1PreHR D/Aコンバーター機能搭載プリアンプ


【使用予定機材】
スピーカー:FOSTEX G2000a ¥765,000(1本)
パワーアンプ:B.M.C. CS3 ¥1,060,000
プリアンプ:B.M.C. DAC1PREHR ¥860,000
ストレージ:DELA HA-N1AH20/2 ¥168,000
DA Converter:OPPO Sonica DAC ¥98,000/B.M.C. PURE DAC 2 ¥380,000
ネットワークプレーヤー: SFORZATO DSP-05 ¥388,000
※DSD-Dradoは止むを得ない事情でご用意が叶いませんでした。申し訳ございません。

AUDIOSTATIONイベント予告ページ
http://audiostation.jp/archives/549

期間:7月22日(土)
開催時間 :14:00~16:00
講師:中谷 彰氏(AUDIOSTATION)
   
展示場所 : オーディオスクェア越谷店内

皆様のご来店を心よりお待ちしております!!


オーディオスクエア越谷店 松野
お問い合わせはこちらからどうぞ
TEL : 048-990-1328
MAIL : audio-square104@nojima.co.jp
Twitter : @audio_square104

2017年7月9日日曜日

【イベント告知】7/22 Hi-Resの真意に迫る 至高のHi-Res体験


いつも閲覧いただきましてありがとうございます。
オーディオスクェア越谷店の松野です。

『至高のハイレゾ体験』

ハイレゾの音をまだ真剣に聴いた事が無い、雑誌の記事を読んで気になっている。
そんなあなたにお届けします。

ハイレゾ再生の最前線で活躍する中谷氏(AUDIOSTATION)をお招きして、DAC再生、ネットワーク再生、ハイレゾの歴史に触れる、CDリッピング、レコードリッピングなど盛り沢山の内容でお届けします。




【使用予定機材】
スピーカー:FOSTEX G2000a ¥765,000(1本)
パワーアンプ:B.M.C. CS3 ¥1,060,000
プリアンプ:B.M.C. DAC1PREHR ¥860,000
ストレージ:DELA HA-N1AH20/2 ¥168,000
DA Converter:OPPO Sonica DAC ¥98,000/B.M.C. PURE DAC 2 ¥380,000
ネットワークプレーヤー: SFORZATO DSP-05 ¥388,000
※DSD-Dradoは止むを得ない事情でご用意が叶いませんでした。申し訳ございません。


AUDIOSTATIONイベント予告ページ
http://audiostation.jp/archives/549

期間:7月22日(土)
開催時間 :14:00~16:00
講師:中谷 彰氏(AUDIOSTATION)
   
展示場所 : オーディオスクェア越谷店内

皆様のご来店を心よりお待ちしております!!


オーディオスクエア越谷店 松野
お問い合わせはこちらからどうぞ
TEL : 048-990-1328
MAIL : audio-square104@nojima.co.jp
Twitter : @audio_square104

2017年7月7日金曜日

【期間限定展示】Harbeth SuperHL5 Plus



いつも閲覧いただきましてありがとうございます。
オーディオスクェア越谷店の馬場です。

今日は期間限定で当店にやってきた製品をご紹介させていただきます。

Harbeth
3ウェイ3スピーカー
SuperHL5 Plus
¥600,000(pair 税別)


楽器を組み上げるかのように木材の特性を活かしつつ絶妙のダンプニングによって振動を制御、
音が呼吸するかのようなあたたかくナチュラルなスピーカー・パーフォーマンスを引き出す繊細なエンクロージャー・チューニング。
それはハーベスのホールマークとも言える技術です。
SuperHL5 Plusの音づくりで特に重視したのは、無響室での理論的なレスポンスではなく、
リアルなリスニング・ルームでの「インルーム・レスポンス」。
それは、「コンサート・ホールの音響をリスニング・ルームへ」という、ハーベスが常に意識してきたテーマでもあります。
これを実現するため、音楽にとつて最も重要な中・低音域の帯域を担う200mm口径の「RADIAL2」ドライバー・ユニット、
高域ドライバー・ユニットはカスタムメイドの25mm口径アルミニウム・ハードドーム・ツイーター、
ロー・レベルでも音の透明感と精度を失うことなく、澄明にしてエネルギー感に満ちた高域再生、
これを補完するのはカスタムメイドのチタニウム・ハードドーム・スーパー・ツイーター。
長時間のリスニングでも聴き疲れすることのないナチュラルでスムーズな再現性にハーベスの力感を感じていただけます。
これらの素材の異なるドライバー・ユニットそれぞれのエネルギー・バランスを精妙にコントロールするクロスオーバー・ネットワークは、
厳選のパーツを最適に配置、
最新の音響シュミレーション・ソフトをフル活用し組み上げた新規設計のクロスオーバー・ネットワークを採用しております。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。


オーディオスクエア越谷店 馬場
お問い合わせはこちらからどうぞ
TEL : 048-990-1328
MAIL : audio-square104@nojima.co.jp
Twitter : @audio_square104

2017年7月1日土曜日

【オトナの社会科見学】D&Mホールディングス様 白河ワークス



いつも閲覧いただきましてありがとうございます。
オーディオスクェア越谷店の馬場です。

6月22日、D&Mホールディングス様の白河ワークスにお招きいただきました。
とても貴重な体験をさせていただきましたので、レポートさせていただきます。

白河ワークスは福島県白河市に所在し、東京駅から東北新幹線で約80分、新白河駅から徒歩で約20分というアクセスです。
当日は天気に恵まれ、到着して一番に空気の良さを感じました。
創業1983年、敷地面積は東京ドーム1,8個分、全長400mという広さに、誤って新幹線のホームだと思って入ってきてしまう人もいたようです。
国内にこれだけの規模の工場を構えているオーディオメーカーは他にないでしょう。

私が訪れた日は新型のAVアンプを製造していました。
中は綺麗に整理整頓され、イメージしていた工場とは違う印象を受けました。
基盤への取り付けはオートメーション化され、不具合が出た場合はきっちりと製造元へフィードバックがなされているとのことでした。
手作業の範囲は、QualityCheckカードというもので誰がいつどの工程を担当したかを一台一台徹底管理されていました。
作業されている方は丁寧でありながら効率良く黙々と働かれておりました。

続いて禁断のカートジッジ工房へ。
50年以上の歴史を誇るMCカートリッジDL-103の製作の様子を拝見させていただきました。
髪の毛の1/5程という細い銅線を丁寧に扱っており、機械化できない繊細な作業でした。
非常に繊細な作業のため一人前になるには5年以上かかるとのことです。

最後は試聴室にお招きいただき、新しい音楽の楽しみ方HEOSと日本未着のサラウンドフォーマットを体験させていただきました。
白河工場には大小併せて5部屋ほどの試聴室も完備されているとのことです。


今回D&Mホールディングス様には大変貴重な体験をさせていただきました。
白河ワークスではD&Mの主要製品が製造されています。
MADE IN JAPANという文字の裏側に密着し、強く信頼感と安心感を感じました。
ブログの内容だけではご紹介できないこともございますので、ぜひ店頭にて聞いてくださいね。

皆様のご来店を心よりお待ちしております!!


オーディオスクエア越谷店 馬場
お問い合わせはこちらからどうぞ
TEL : 048-990-1328
MAIL : audio-square104@nojima.co.jp
Twitter : @audio_square104